CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 一ヶ月と三年について | main | カフェ巡りについて。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
床屋について
旅に出て一ヶ月。
ありえないくらいに伸びた髪の毛を切るために、僕は中国の河口の街を歩いていた。
もしあなたが中国で床屋に行くなら、気をつけなくてはならないことがある。
それはエッチな床屋の存在である。
紙を切るついでに、「ねえ、お兄さん。あたしといっぱつヤッていかない?」。
そんなこと言われてもこっちは困る。
それと若いのやっている美容室みたいなところは行きたくない。
理由はスタッフのセンスや髪型がまったくかっこよくないから。
そんなところじゃ切りたくない。
当たり前だ。
なので僕は街中を歩き探しまわった。
そうして見つけたのは主人が一人、バリカンでがりがり切っている床屋を見つけた。
ここしかないと目星をつけて、もう少し探してみたがやはりあそこしかないと、翌日そこに切りに出かけた。
僕はバリカンで髪の毛を刈り取るジャスチャーをし、主人も黙ってうなずく。

「何も言わなくていい。あんたのリクエストはわかっているよ」。

僕も黙ってうなづき、メガネを取って椅子に座る。
言うまでもないが僕のオーダーはボウズである。
主人はバリカンと櫛を手にさっそく刈りだす。
ボウズに櫛を使うとは、やはり睨んだとおり職人気質なオヤジだ。

そんなわけがない。
ボウズにするのに櫛なんか必要ない。
主人は僕を中国の国民的ヘアースタイル角刈りにしようとしているのだ。
それはわかってから、かなり迷った。
一度角刈りになってみてもいいのではないか?
どうせこれから中国にしばらくいるのだ。
中国人に思われたほうがいろいろとスムーズに事が運ぶのではないか?

そうとうもの凄く悩んだけど、結局は主人に誤りを伝えた。
中国人になりすます必要はまったくない。

刈り終わって、シャンプーをしてもらい、20元(約30円)の金を支払う。
やっと本当の自分に戻った姿を見ようと鏡の前に立つ。
しかしそこには、ボウズのような角刈りもしくは角刈りのようなボウズ。
そんな形而上的な迷路に迷い込んでしまいそうな髪型をした男が立っていた。
もう何も言う気にはなれず、僕はそのまま宿に引き返した。
久しぶりに短くさっぱりした頭に中国の風はとてもやさしい。
前向きに考えればボウズと大して変わらないし、ちょっと新しいかもしれない。
次はどこの国の床屋で刈ることになるのだろう?
その時はちゃんとしたボウズになりたい。

旅先でも身だしなみを整えるのは、僕のスタイルだ。
| China | 01:32 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:32 | - | - | pookmark |
コメント
身だしなみは一番最初に目に着く所ですもんね!
いやー、旅先でも身だしなみを気をつける所、さすがです!!

僕もサンフラで初めて髪を切った時は、韓国スタイルの刈り上げみたいになりました。それ以来、自分で切るか友達に切ってもらってます。
| Yusuke | 2008/11/07 5:48 AM |
坊主頭一つとってもなかなか伝わらないもんなんだな。

角刈りテイストの丸坊主ってのも意外に似合うかもよ。
| たなかたなか | 2008/11/07 10:26 PM |
読んでてかなり笑えました。
想像すると…
面白いことになってますね。
ぜひ写真撮って、見せてください!

こっちはタカさんがいないことで
度々支障をきたしてることがありますよ。
その分、働かなくてはいけない、という…

もう2ヶ月になりますね、
あっという間、日本はめっきり寒くなりました。

暑い国が恋しい頃です。
| ソラヒト | 2008/11/13 10:36 AM |
Yusuke君>>
絶対にきれいなほうがいいよね。
そっちのほうが女の子にもてるに違いない(笑)。
なんでみんなわざわざ旅先で汚くなろうとするんだろうね?

たなかたなかさん>>
けっこういけていたと思います。
もっと洗練された坊主風角刈りならまたやってもいいかな。
でも、やっぱりふつうの坊主が好きです。

ソラヒトさん>>
長い冬が始まったのですね。
夏が来るまでモリモリ食べてパワーためておいてください。
それと残念ですが写真撮る前にのびちゃいました。
| タカ | 2008/11/21 9:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mugen1982.jugem.jp/trackback/7
トラックバック