CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ヤンゴンについて | main | チャリティーイベントのお知らせ、について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
洞窟寺院を訪れて、について
 エコタさんと2人、ヤンゴンからバスで一泊、シャン州南部の小さな町カルーに到着。
標高は約1000メートル、山岳民族のシャン族がたくさん住んでいる。
マーケットをぶらぶら、シャンヌードルを食べてからお出かけ。
目指すピンダヤだけでなく、ここにも洞窟寺院がある。
蒸しピーナッツをほおばりつつ、寺院までは徒歩で。
ここの洞窟は天然ではなく、そのほとんどが人工的に掘られたもの。
数分も歩けば行き止まり。
そんなところに大小・姿もさまざまな仏像が安置されている。
ミャンマーの仏像はなぜか電飾付のものがおおい。
オーラとか気のようなものを表現しているのか?
まあ、ともかく、洞窟内は赤や緑にピカピカ光る悟った人だらけ。
「聖☆おにいさん」よりシュールな世界がそこにはあった。

ピンダヤはカルーから北へ40キロメートル。
乗り合いの小さな車は、人間と荷物と野菜とだらけ。
かなりしんどい移動になり、意識がうつろうつろしてくる、外の景色は高原に広がるいちめんのキャベツ畑。
シェエウーミン洞窟寺院は町を囲む山肌にある。
バス停から馬車、それからやたら長い階段をのぼり入り口まで。
実はエレベーターがあったらしい。
全長は150メートル、ここは天然の鍾乳洞である。
ジメジメしてひんやり冷たい空気、地面は水びたしですべりやすく、水の流れる音に風の通る音、素敵な洞窟だ。
途中、何度も停電してそのたびに真っ暗になるのも、いい。
上を見上げれば鍾乳洞、目の前は仏像の森。
ため息しか出ない。
こんなところを作ったミャンマー人のセンスに脱帽。

カルーへ戻りたいと聞くが、今日はもうバスはないらしい。
まさかそんな。
タクシーで帰るのは高いので、ヒッチハイクにトライ。
歩きながら、車が来たら止めようと思っていたのだが、あいにくとバイクしか来ない。
検問所のお兄ちゃんが俺が車に聞いてあげるよ、ということになりありがたくお世話になる。
いすもお茶も出してくれたので、エコタさんとだらだらおしゃべり。
車は止まるが、カルーまで乗せてくれるのはなかなかみつからず、気がついたら日は沈みかけ蛍が飛び始める。
最終的に今夜はピンダヤに泊まることに。
おっちゃんのバイクに3ケツで安宿まで。
キリッと冷えたビールで、ここで夜を明かすことになった幸運に乾杯。
翌朝5時のバスで、カルーまで戻る。
| Myanmar | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:13 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mugen1982.jugem.jp/trackback/44
トラックバック