CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< シュリナガルについて | main | 再びダラムサラについて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ラダックについて
 ラダックの土を踏むのは、今回が2度目だ。
自分でもよくこんな辺境の地にまたやって来たものだと思う。
何しろザンスカール・カラコルム・ヒマラヤの大山脈に囲まれ、一番大きな街レーの標高が約3500メートル。
歩くだけで息切れはするし、紫外線と乾燥は激しい。
陸路でここに来れるのは夏の間だけで、あとは雪によって道が閉ざされるので飛行機を使うしかない。
雨が年間を通してほとんど降らないので冬でも雪はほとんど降らないから、ラダックまで来てしまえば周辺の移動は大丈夫。
と、まあ、かなりとんでもないところように思えるが、観光客はしっかりたくさんいます。

シュリナガルからバスでカルギルまで。
カシミールはこの辺までで、ここから先はチベット仏教徒のおおいラダックになる。
ゴンパと呼ばれるチベット仏教の寺院を巡るのはラダック観光のハイライトの一つ。
僕もいくつか見てまわったが、ここで紹介したいのはラマユルとアルチだ。
ラマユルは幹線道路のまわりにいくつかの民家があるだけの小さな村。
ここら辺の景色は、月の世界と称されているらしく、ここに来た誰もがきっと息を呑むことになる。
標高は約4000メートル、緑は村の周りにしかなく、どこまでも続く砂と岩山、そして深い深い青い空。
アルチはゴンパ内の仏教芸術が素晴らしかった。
日本でも写真集があると思うので、興味ある人はチェックするか現地に来てください。

シュリナガルに引き続き、レーでもストライキが行われていた。
まるで、僕らが運んできたみたいだな。
レストランや商店がほぼすべて閉まり、滞在中はインスタントラーメン生活。
2回目ということもあってレーの街にあまり興味がわかず、ストということもあって、さっさとバスでマナリまで下りる。
4年前に来たときに毎日のように通っていたレストランが繁盛していたのを見れたのは嬉しかった。
子どもの頃に数ヶ月歩いてチベットからインドに亡命してきた、おじじとおばばの店だ。
ストのため、今回は一回しか行けなかった。
4年前に、僕がレーを離れるときにくれたチベタンブレットはとっても美味しかったよ。

ダルハウジーからここまで日本人のゆいさんとドイツ人のヤンさんといっしょにやって来た。
いつも一人で行動する僕にはめずらしく、2週間以上も行動をともにした。
酒の強いヤンさんに、何度もつぶされた生活もここで終わり。
マナリから久しぶりに一人になり、ダラムサラへ戻る。

| India | 19:38 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:38 | - | - | pookmark |
コメント
アルチの壁画はほんま素晴らしいよね!
感動しすぎてあの画の前で何時間立って眺めていただろうか、ほんま時間を忘れて呆然と眺めていたよ。
でもあの画の素晴らしさは写真では伝わらないね☆
| ひこ | 2010/09/23 9:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mugen1982.jugem.jp/trackback/40
トラックバック