CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 南インドについて | main | 近況報告について(トマト農場について) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ゴカルナについて
 ゴカルナ、その名前を聞いたのは南インドのマハーバリプラムにいるとき。
同じ宿に泊まっている旅行者に、ゴアの近くにゴカルナという小さな街があり、観光地化されすぎてしまい忙しくなってしまったゴアから旅行者が流れてきているとのこと。
以前にも書いたけど、旅行している人間の生情報がいちばん信頼できる。
なので、予定にはなかったが行ってみることにした。
カシミールに行くために南インドの予定をかなりけずってしまったが、先にゴカルナにいった友人から現時点で最高に好きだとメールが来たのが決めてだった。
自分にとってもそうなるかどうかわからないけど、行ってみなければわからない。

朝の5時という迷惑な時間にバスを降ろされ、ここがゴカルナだと運転手は言うが、辺りは真っ暗。
同じバスに乗っていた人が、自分はオームビーチに行くがあなたはどうすると聞いてきた。
僕の持っているガイドブック、地球の歩き方、にはここのことは載っていない。
何もわからなかったので、いっしょに行くことにした。
ゴカルナは街の周辺にいくつかビーチがあり、そこに宿やレストランがある。
オームビーチはその一つというわけだ。
そこで、ちと汚いがビーチまで歩いて一分という場所に150ルピー(約450円)で部屋を見つけた。
海が特別きれいというわけではないが、ビーチ沿いにはヤシの木林があり、アラビア海に沈む夕日は美しい。
海を見ていればイルカの姿を見ることもできる。
そんな美しい自然しかないここでは特にすることはない。
みんな、思い思いの時間をすごしている。
肌を焼いたり泳いだり本を読んだり瞑想したり。
さて、僕はここで何していたかというと毎日おなじ店でビールを飲んでたまに泳いだり普段あまり見ない夢を見ていたりしていました。
と、つまりは、何もしていない。
でも、それでいいのです。
インドのビーチでなにかしようなんて考えるほうが間違っている、少なくとも僕には。

僕はここに4月の後半にいた。
その辺りでゴカルナのシーズンは終わる。
雨季が来るのだ。
夏の終わりのなんだか寂しい雰囲気を感じながらもなかなかここを出て行く気になれない。
しかし、きっかけというものは当然のごとくやってくる。
いつもと同じ店でビールを注文したら、飲んでもかまわないけどテーブルの上にボトルを置かないで飲んでくれとオーナーに言われた。
今日、海で人が死んだというので。
翌日、海を見ていたらイルカが一頭で泳いでいた。
それをずっと眺めていたら、唐突に次に行くかという気分になった。
その日の夜、またいつもの店にビールを飲みに行ってオーナーに明日出るよと伝えたら、彼が「明後日には店を閉めるよ。また、来年だ」と言った。
出て行くにはちょうどいいころだったみたいだ。

夏の終わりはちょっと寂しいかった。

| India | 18:34 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:34 | - | - | pookmark |
コメント
はい、そこ行くの決定です。
ごかるな?
| ヒロカズ | 2009/12/02 9:40 PM |
もう、ぜひぜひ行ってください。
場所はゴアからバスで南に5時間くらいです。
シーズンはゴアと同じです。
| シャオユエン | 2009/12/25 11:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mugen1982.jugem.jp/trackback/33
トラックバック