CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 近況報告について(旅に出て1年) | main | 南インドについて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
スリーパーダ(当日)について
 午前2時に起きて、出発。
巡礼者の姿は24時間絶えることがない。
闇夜のなか、山頂へむかう参道の明かりが空へのびている。
山頂までの行程は、ほぼすべて階段である。
数えていなかったから確かではないが、その辺にいたスリランカ人のお兄ちゃんは8000段と言っていた。
まあ、そのくらいあってもおかしくはないと思う。
登りは快調そのもの。
僕は登山が好きで、旅に出る前に八ヶ岳に登ってきた。
予定通り、日の出の前に山頂に到着。
持っている服すべて着てきたけど、とても寒い。
あいにくと少し雲があったけど、オレンジ色に輝く朝日を見た。
なんとなく手を合わせ、祈る。
山頂には、仏教寺がある。
神・宗教に関係のないはずの聖地ではあるが、スリランカでは圧倒的多数の仏教の権力はいかんともしがたいみたいだ。
宗教はなんだ、と聞かれたら仏教と答えている手前お参りに行く。
その辺の話はいろいろとややこしいので、また別の機会にでも。
山頂の岩にあるという足跡は見れなかった。
さて、帰ろうかなというときになってお経がスピーカーから流れはじめ、周囲の人はみんな座ってしまった。
そうなっては帰れないので、僕もおとなしく座って終わるのを待つ。
その間に体が冷え切ってしまい、発熱してしまった。
前日から少し体調が悪かったのだが、まさかこんなときに。
なので、帰りはフラフラでやっとこさ宿まで戻った。
参道の途中には無料の診断所がある。
なんでそんなものがあるのかなと思っていたが、帰りでわかった。
僕のように体調をくずす人もいるし、体力的・年齢的にきつい人もいる。
担がれて下山している人もいた。
そういえば、年配の人たちはそうとうおおかった。
もしかした、インドのガンガーのように死ぬ前にここに来る人もいるのかもしれない。
そうした行為は、祈ることや宗教が生活の程遠いところにある自分には理解しがたい。
しかし、それに対してはいいとも悪いとも思わない。
それが彼らの生活なのだから。
そんなことを、暗い部屋のなか、ズキズキする頭でぼんやりと考える。
それとフラフラの僕に、優しい気持ちをむけてくれた現地の人たちにはただ感謝あるのみ。
その日のうちに移動しようと思っていたが、1日ずっとベットの上ですごした。
| Sri Lanka | 01:18 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:18 | - | - | pookmark |
コメント
体調は大丈夫でしょうか。

南米に来たら、必ずおなかを壊す…
先週一度壊しましたが
すぐ回復致しました!

「2週間おなか壊さなかっただけ
すごい」と。

そうなのか(笑)

それでも、体調管理の大切さが
身にしみた時でした。





| なほ | 2009/10/04 7:03 AM |
おひさしぶりです。
9月の終わりにペナン島とか
タイに入国して、今、バンコクに居ますよー。
インドネシアは大丈夫ですか?
心配です。
もうちょっとしたら、カンボジアに
行く予定です。(只今ビザ待ち中)
またどこかで会えたらいいなー。
| 金魚 | 2009/10/10 3:20 PM |
あれ?
メアド入れたのに
メアドが出ない・・なんでだろ?
ホットメールから送ってみるね。
| 金魚 | 2009/10/10 3:23 PM |
なほちゃん>>
体調管理は大切。
僕なんか国が変わるたんびに風邪ひいてます。
日本にいる頃は、一年に一回くらいしかひかなかったんだけどね。

金魚さん>>
インドネシア、というかバリ島は特に何ともなかったです。
もちろん、またお会いしましょう。
鍾乳洞に連れて行ってください。
| シャオユエン | 2009/11/01 11:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mugen1982.jugem.jp/trackback/30
トラックバック