CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< いつもの味について。 | main | 映画について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
国境越えについて
カンボジアのバッタンバンにいる時、僕は少し考え事をしていた。
これから隣国のタイに向かうのであるが、この街からだと外国人に解放されている国境が2つある。
ひとつは世界最高峰の悪路のポイペト国境、もうひとつがわりかし最近開いたというパイリン国境。
ガイドブックを持っていないので、パイリン国境はほとんど情報がなく未知だ。
知っていることといえば宝石の産地で、ポル・ポト終焉の地ということくらい。
ポイペト国境は3年前にタイ側から入ったことがある。
最初からほとんど決めていたのが、やはりここはパイリンに行くことに決めた。
ビザもお金もたっぷりある。
駄目だったら、引き返してくればいい。
と、いうわけで、持ち前の天邪鬼的な性格からか外国人がほとんど通らないというパイリン国境に行くとこにした。

バッタンバンからはバスで約4時間、所々で地雷撤去の痕跡を見つけることが出来る。
なぜか?
それは地雷を撤去しても、注意を促す看板を片付けていないから。
不謹慎ではあるがその看板がなかなか興味深かった。
文字だけではなく絵も書いてあり、さらに同じ絵を使った看板は一枚もなかったからだ。
しかし描いてある絵はとても楽しめるものではない。
子供や農作業をしている大人、家畜、などが吹き飛んでいる絵ばかりだからだ。
ポル・ポトが完全なる兵士と呼んだ地雷たち。
街中で見かけた足の無い人達。
自分にもうまく説明の出来ない感情が胸にたまっていくばかりだ。

パイリンは埃っぽくて何もないまさにしけた街という表現がぴったりの所だった。
ちなみにその日は僕の26回目の誕生日。
日本の自宅では本人不在の誕生パーティーが開かれ、主役は我が家の癒し系ピーターラビットの栄ちゃんだったらしい。
とりあえずヌードル食べて、街を歩くが、真剣に何もない。
ゲストハウスすら自分のいる所以外見当たらない。
ここは本当にツーリストが訪れないという雰囲気をひしひしと感じる。
仕方ないので、宿の近くの商店でアサヒスーパードライを見つけたので、それを部屋に戻って一人で飲んだ。
ちなみに350ml缶で2000リエル(約50円)である。
なんで日本より安いんだ?

翌朝、バイクタクシーに乗って国境まで行く。
重たいリュックを背負って40分間ひたすら悪路。
結局、悪路である。
3ドルという話で行ってもらったのだか、この道は本当にひどい。
着いたらチップでも上げようかなと思っていたのに、ガスがなくなったので5ドルくれとドライバーが最後に言ってきた。
メーターが壊れていることくらい確認済み。
何も言わなければ1ドルくらい払ったんだけどなあ。

さあて、国境越えである。
バンコクに着いたら美味いもの食べて...と、思考はすでに今晩のことへ。
出国スタンプを押しかけたところで係員が、「そういえばフライトチケット持ってる?」と聞いてきた。

僕「なぜそんなこと質問するのですか?そんなものが必要だなんて聞いたことないんですけど。」
係員「この国境では必要なんだよ。ほら、ここに書いてある。まあ、タイ側の決まりだからカンボジア川はノープログレムだけどね。」
僕「そうなんですか。で、そんなもの持ってないです。」
係員「それだとタイ側でスタンプを押してもらえないかもしれない。まあ、君は観光ビザ持ってるしあっちに行って聞いてくれば。」

それで出国スタンプなしで、タイ側に行って質問してみる。

僕「あの、フライトチケット持ってないんですけど入れます?」
係員「ビザがあるのでオーケーだ。」
僕「もしビザ持ってなかったらどうなったんでしょう?」
係員「入れなかったよ。」

ちなみにタイに入るとき日本人は一ヶ月間観光目的の滞在ならビザは必要ない。
年末年始をタイで過ごそうと思っていたので、たまたまプノンペンで僕は取得していたのである。
国境によってルールが違うこともあるのは知っていたけど、初めてそれを体験した。
まあ、しかし無事に入れたのでオーケーである。

何回も繰り返してきたけど入国スタンプを押してもらえるたびにホッとする。
| Cambodia | 23:00 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | pookmark |
コメント
はー そうなんですか!?

お誕生日のアサヒスーパードライの件は 奥にこんな事情があったんですね!単に安いことぐらいしか気にしていないでゆったり飲んでいる様子を想像していました
日本にいては思いもよらないことがあるのですね

で バイクタクシーには 3ドルしか払わなかったの?
| SAKURA | 2008/12/16 9:18 AM |
お久しぶりです♪

遅くなりましたが、ハッピーバースデーでした☆
旅、順調そうで何よりです!

今、旅関係のフリーペーパー制作を手伝っています。
http://freepaper.gjworks.net/
旅人の旅人によるフリーペーパー『mata-tavi』♪

ぜひ載ってください☆
| なほ | 2008/12/16 11:59 AM |
誕生日、おめでとう!遅くなりましたが…
こっちはタカさんがいないところで盛大にクリスマス
パーティが行われましたよ。妹さんも来ましたよ!

バッタンバンというと…
私もポイペットから入ってパイリンに当時抜けようと
してて、帰りはプノンペンからバッタンバン方面に
向かっている途中のトラックの荷台で、恋に落ちて
しまい、そのままバッタンバン付近に居座った気がします。
急遽パイリン行きはキャンセルになり、結局ポイペット
から涙の国境越えをして、またいつか絶対に来る!
と誓ったのに、まだそれから行ってません。

そんなところにタカさんはいるのですね。
ぜひ、カンボジア、なかなか行くことないだろうし
楽しんできてください!
そして私たちの大イベントまであと一週間。
徹夜の連続です。
| ソラヒト | 2008/12/16 10:13 PM |
どうもです。
お先に帰国しました。
そして遅ればせながら誕生日おめでとう!

外国人がなかなか行かない所って結構良いよね☆
そんな所に限って意外と親切な人が多いし。
今回の旅ではそういう所に行かなかったけど、パキスタンの銃の街として有名なダッラがとても印象深かった♪
| ひこひこ | 2008/12/16 11:22 PM |
SAKURAさん>>
もちろん、3ドルです。
もともとその値段であっちがオーケーしたわけですし。

なほさん>>
ありがとう!!
仕事がんばってくださいね。
取材に来てくれた協力しますよ!!
今はバンコクにいます。

ソラヒトさん>>
ありがとうございます。
イベントの成功、こっちから応援してますよ!!
それから、お勧めしてもらったバンコクの観光地とっても面白いですよ。

ひこ殿>>
ありがとうございます!!
僕はけっこう天邪鬼な性格なのでそういう場所は大好きです。
ダッラは行ったことないので気になりますね。
| シャオユアン | 2008/12/23 3:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mugen1982.jugem.jp/trackback/10
トラックバック