CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
チャリティーイベントのお知らせ、について
4月23日、埼玉県川口市にある川口アートファクトリーという場所でチャリティーイベントが開催されます。 
微力ながら僕もお手伝いさせてもらいます。 
みなさん、当日は会場に遊びに来てご協力お願いします。
 

詳細は以下 
↓↓ 
友人のblogより

チャリティーイベントのお知らせ
埼玉にある川口アートファクトリーを会場に、東北関東大地震支援のためのチャリティーイベントを行うことになりました。アートファクトリーはもともと鋳物工場だった場所で、現在数組のアーティストがアトリエとして利用しています。

当日はライブを中心にヨガ、マッサージなどのワークショップや帽子、ニット、石けんなどの販売を行います。私もアクセサリーや「百糀」と売り歩きチャイ屋を担当します。

主催者の一人である、さとしくんの実家は岩手県出身で彼の友人が住んでいた気仙沼も津波の被害を大きく受けた場所です。現地の状況を判断しながらとなりますが、5月連休に有志を募って現地に向かう予定です。会場では募金箱を設置するほか、収益の一部を支援金に回し、現地での活動費(物資購入を含む)に充てたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

ライブ出演者、ワークショップのスケジュール等、詳細は決まり次第順次こちらのブログ、または虹たねブログ(http://ameblo.jp/nijinotane)でお知らせします。

※ライブ出演者募集中(アンプラグド)です。
出演ご希望の方は、
sedooo@hotmail.com
宛で、件名に「チャリティーライブ」と明記の上、メールをお送り下さい。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

チャリティーイベント@川口アートファクトリー

日 時:4月23日(土)12:00〜19:30
入場料:500円+募金(会場でメッセージも募集!)
場 所:川口アートファクトリー内SPACE ZERO(スペースゼロ)
    http://www.art-kouba.com/
    埼玉県川口市元郷2-15−26
交 通:京成東北線川口駅から徒歩20分
    または東京メトロ直通埼玉高速鉄道川口元郷駅から徒歩5分

企 画:虹のたね http://ameblo.jp/nijinotane
| Diary | 14:43 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
近況報告について(トマト農場について)
新年あけました、おめでとうございます。
皆様、今年もよろしくお願いします。

旅日記はインドで止まっていますが、僕は現在オーストラリアのパース近郊にあるトマト農場で働いています。
ここにはワーキングホリデーのビザでやってきました。
同じ農場で働く仲間とシェアハウスで寝泊りして、早2ヶ月。
農場までは自転車で通っています。
途中、道路の横にあるブッシュでカンガルーさんがぴょんぴょん飛んでいるのを見ることも。
近くの海ではサーフィンや釣りを楽しむこともできる。
まあ、僕はバリで一回やっただけでサーフィンはしませんが。
先日、投げ釣りをしていたらペリカンとイルカがやってきました。
連中たち、なかなか愛らしいです。
夜に空を見上げてみれば、毎日のように天の川が見れる。
そんなオーストラリアの片田舎で暮らす毎日は、まあ、平和そのものといっていいでしょう。
一番近くの商店まで歩いて20分なので、どうしても引きこもりがちではあるが。

去年はずっと旅していましたが、今年もそうなるでしょう。
Blog、もっとまじめに書きます。

チャオ
| Diary | 21:26 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
近況報告について(旅に出て1年)
 最近、やたらとblogの更新をさぼっています。
すいません。

そんなことしているうちに、旅に出て1年がたってしまいました。
1年前の今日、家を出て小田急線町田駅の改札前で友人のシャブちんと待ち合わせたのが旅の始まり。
シャブちんを待っているあいだ、ベンチの隣に座っていた腕にタトゥーのある酒臭いおやじに「お前、そんなでかい荷物持ってどこ行くんだ?」と話しかけられた。
「ちょっと、中国まで」。
「中国か...中国の女はいいよな。お前、あれしに行くのか?」。
そのスケベおやじはビーチバレーの浅尾美和選手が好みらしく、その後はしきりに彼女の話ばかり。
かなりうんざりしてしまった。
シャブちんが来たので、さっさと退散。
そのスケベおやじは最後に、「ブルースだ。一生やり続けろ!!」と言っていた。

今はマレーシアのクアラルンプール。
ちょっとびっくりするくらいの大都会です。
でも、バンコクと比べてしまうと刺激が少なく退屈な街です。
でも、食事は最高。
宿の近くはチャイナタウンだし、インド人にムスリムの人たちもたくさん住んでいる。
先日まで韓国人といっしょに旅していました。
よくいっしょに韓国料理食べたけど、どれを食べても美味い。
3年前に一度行ったけど、再び訪れなければと新たな旅の決意をしました。

ちなみに、スリランカにいたのは今年の3月です。
どんどんblogが遅れていく...。
これからはまじめに更新せねば。
禁煙生活は一度挫折しました。
現在、また煙草をやめて3日目。

チャオ
| Diary | 21:22 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
近況報告について(ヤンゴンにて水没中...)
 雨季まっただなかのミャンマーにやって来ました。
使い古された表現だがバケツの水をひっくりかえしたような雨が降り、あとは晴れる。
そんな天気ではなく、一日中ずっと曇りで夕方から夜にかけてかなり強い雨が降るといった天気です。
そんなわけなので、この街は夜になると水没します。
日本にいるみんなには想像しにくいかもしれないけど、水没です。
水はけ悪すぎ。
外国人が入れない意味不明な新首都を造る金があるなら、こっちは何とかしてほしい。
しかし、そんなヤンゴンに一週間以上はいることにした。
なぜなら、友人が2人もここに来るから。
ミャンマー人の友人はわざわざ実家のあるアンダマン海の島からやって来てくれる。
もう一人は日本人で日本から。
2人とも日本にいる頃からの友達で、そういう人に会うのはこの旅で初めてのこと。
楽しみ楽しみ。
2人が来る前にかびが生えないように気をつけなければ。
宿の近くにチャイナタウンがあって、そこに入りびたっています。
雲南省名物のサーゴーミーシェンとか肉まんとか、あーーもう美味くて最高!!
ミャンマー料理も食べれないわけではないですが、やはり中華料理は美味い。

バンコクにいるときに韓国人の友人から悩み相談をうけました。
「私...実はコチュジャンが嫌いなの。どうしたらいい?」、なんて相談なら面白かったのですが、彼女はふつうに困っていた。
思えばそのときにもらいタバコをしたのが、最後の一服。
禁煙生活は順調そのものです。

それと、なぜだかヤフーメールとホットメールにアクセスできません。
きっと軍事政権が規制しているのでしょうか。
でも、mixiやfacebookは使えます。
何の意味もないですね、やるなら徹底的にやらないと。
| Diary | 15:51 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
近況報告について(インドから)

前回の更新はダラムシャーラー、そして今回もダラムシャーラ。
カシミール・ラダックの旅から戻ってきました。
いつも一人で動いている僕にしては珍しく日本人とドイツ人といっしょに3人で行動していました。
とても素晴らしい旅だったことはおいおい書くことにします。

僕のインドビザは7月で切れる。
長かったこの国の旅ももうすぐ終わり。
だからといって旅そのものが終わるわけではなく、これからの長い旅路のことを考えるとまったく先のことはわからない。
一歩づつ終わりにむかってはいるのだけども。
今回のインドでどこがよかったと聞かれたら即座に答えることができる。
それはプリー、ゴカルナ、そしてダラムシャーラー。
一つの場所に長居すること(僕らバックパッカーはそれを沈没と呼んでいる)がほとんどない僕ですが、ダラムシャーラーは合計で25日も滞在した。
ほぼ丸一ヶ月だ。
チベット、自然、美味い食事、そしてこの街で会った人々に旅行者達。
どうやら僕にとって本当に特別な場所になってしまったみたいだ。

はっきり言って僕の英語はひどいもんだ。
しかし最近、英語で会話をすることが本当に、本当に、楽しくってしょうがない。
現地の人と話すのも楽しいが、やはり同じ旅行者たちと話すのが面白い。
旅の情報はもちろんのこと、自分の国や文化のこと、映画に音楽に本に....その他もろもろ。
ヨーロピアンの友人ができるたびに、あまり興味のなかったヨーロッパに行ってみたくなる。
あぁ...まったく先の予定がたたない。
とりあえず、しっかりと腰を据えて英語の勉強しなければなと思っています。

先日のプロレスラー三沢光晴氏のあまりの突然、そして早すぎる死にはただただ言葉を失うばかり。
僕が三沢氏やプロレスから学んだものはたくさんある。
皆そうだと思うけど、四天王時代の三冠統一ヘビー級王座戦対小橋健太氏との死闘の数々は現在でも脳裏に焼きついている。
三沢氏のご冥福を祈るばかりです。

それと喫煙者になっちゃいました。

チャオ

| Diary | 16:42 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
差異について
長い旅に出るのは2度目だ。
前回はアジア、そして今回も現在のところアジアを旅している。
アジアばっかりじゃなくて違うところには行かないのかと聞かれることもある。
しかし、前回すっかりアジアに落ちてしまった自分としては、もう一度行きたかった。
まだ行っていないところ、そしてもう一度訪れたいところがたくさんある。
だけど今回はアジアを離れることも考えているし、実際にそうするつもりだ。
なので行くところ見るもの何もかも全てが初めてだった前回とは違い、再訪という楽しみがある。
そういう時ほとんどの旅行者は以前と変わらないでいてほしいと思っている、もちろん僕も。
しかし、そういう期待にそぐわなかったからといって「あそこはもう駄目だ」みたいなことを言う人がいるが、そいつは間違っていると僕は思う。
旅しているのは今なのだから、今を楽しまないと大損だ。
それに地元の人にも失礼なような気がする。
ノスタルジアから一体何が生まれるというんだ?
お金の使い方はずいぶん変わった。
以前はそうとう節約に努めていた。
もちろん今回もその姿勢は変わらないのだが、お金を払って楽しめることにはきちんと払って楽しむようになった。
そんなことは当たり前のような気がするが、頭の中が節約ばかりだとせっかくのチャンスを逃してしまうことは多々ある。
心が貧乏になってしまっては面白くない。
それと観光費は削っても、食費は削らなくなった。
美味いものを食べるという行為は、かなりシンプルだけどこれ以上ない生きがいを僕に与えてくれる。
以前と比べて一番違うのはここかもしれない。
つまり、一度旅したことによって自分の好みがはっきりしているということ。
遺跡に高い金払って入るくらいなら、美味いもの食べて美味い酒が飲みたい。
あっ食いしん坊なのは変わっていませんね。

追伸
「India」「Bangladesh」「Sri Lanka」の写真をアップしました。

お気づきの人もいると思いますが、僕のブログはかなり遅れています。
ざっと数えて約3ヶ月というところでしょうか。
おまけにしばらく山の上に行くので、しばらく更新はストップ。
全部書きたいので、しばらくノートにでも書きだめしておきます。
それではまた。
| Diary | 18:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
映画について
どこかの国に行って街を、それも大きな街を歩いていればたいてい映画館がある。
きっとそのまま過去っていく人もいのだろうけども、僕にはそれができない。
だれにだってそんなものの一つや二つはあるはずだ。
とりあえず、上映している作品とタイムテーブルをチェック。
すぐに見る場合もあるし、後から来ることもあるし、その街の滞在を一日伸ばすこともある。
まあ、それくらいに僕は映画を映画館で見るが好きなのです。
言葉がわからない場合がほとんどだけれども、それでもチケットを買って映画館に入ってしまう。
集中して見ていれば言葉を理解できなくてもストーリーはだいたい理解できるし、他にも俳優の演技やら映像やら音楽やら衣装やら、楽しめる要素はいくらでもある。
前回の旅でインド映画を見たときに、僕はそういうことが本当によくわかった。
ヒンディー語なんてまったくわからない、しかしそれでも僕は映画館の椅子に座っている間一秒たりとも退屈しなかった。
魅力的なダンスと音楽、美男の俳優に超絶美人の女優。
本当にそれだけで楽しめてしまったのだ。
もちろん言葉がわかればもっと楽しめたのだろうけども。
そんなわけで今回の旅ではもう何回も映画を見ている。
見たのは中国とカンボジアとタイの3カ国。
しかしカンボジアで見たのはインド映画、タイでは日本とアメリカの作品である。
カンボジアの映画館の雰囲気は少しインドと似ていた。
盛り上がる場面や笑えるところになると、劇場が騒がしくなる。
まるで『ニューシネマパラダイス』みたいな感じ。
タイの映画館では本編が始まる前に国王を讃える時間がある。
その時はお客さん全員が立ち上がり帽子もとらなければならない。
もちろん外国人もそれに従わなくてはならない。
タイのバンコクでは日本の映画をたくさん上映している。
字幕はタイ語と英語。
日本語と英語字幕をくらべながら見ていると、かなり疑問に思う部分が多かった。
作り手の意思を無視しているような翻訳があったり、細かい部分が削られていたりする。
でも、それはきっとどこでも同じことがあるんだと思う。
日本語のできるアメリカ人が、日本語字幕のアメリカ英語を見たらきっと同じようなことをかんじるはずだ。
友達にはこの国の映画が好きで、この国の言葉をおぼえたという人が何人かいるのだが、僕にもそういう国ができたらいいなと密かに思っている。
とりあえず来年またインドに行くのでとても楽しみである。

追記
先日のクリスマスに中国人の友人からメールが来ていました。
それによると中国語でクリスマスは『平安夜』と書くそうです。
なんだかこの字を見ているだけでとてもいい気分に僕はなりました。
イエスの誕生日は本気で祝えないけど、『平安夜』ならその一日を本気で楽しめる気がしました。
そんなわけでメリークリスマス。
| Diary | 16:31 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
荷物について
 広州の宿に着いて、バックパックの中身を全部出してみた。

パスポート
ドル現金とトラベラーズチェック
新生銀行キャッシュカード
VISAカード
Tシャツ×4
ポロシャツ
ズボン×2
ハーフパンツ×2
長袖シャツ×2
コロンビアのジャケット
ルンギー(腰布)
水着
下着×4
靴下×4
タオル×2
予備のメガネ
歯ブラシと歯磨き粉
洗顔フォーム
ジョンソンベビーローション
石けん
洗剤
髭剃りと替え刃
爪きり
耳かき
針と糸
CDウォークマン
iPod
スピーカー
日記帳
文具
デジタルカメラ
SDカード×2
カメラの掃除道具
電子辞書
本×15
パイロゲン×2
震災ホイッスル
薬品いろいろ
洗濯物を干すロープ
充電池×6
アダプタとかいろいろ
般若心経が書いてある手ぬぐい
グレゴリーのショルダーバック


とりあえずこれが今の僕の全ての持ち物である。
多いような気もするし、何かが足りない気もする。

本は多過ぎるので読んだら人にあげてしまおう。

バックパックは65リットル入るが、やっぱり身軽が好きだ。
たぶん少しづつ減っていくと思う。
| Diary | 16:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |